相続税の基礎控除

遺産相続は誰もが一度は経験する可能性があると言っていいですが、いざどのような内容なのか聞かれると亡くなった人の財産を引き継ぐという知識しかない人がけっこう多いです。
これは遺産相続を経験する可能性がある人は多いものの、そう何度も経験することがないからで、普段から遺産相続について調べていたり関連する仕事をしていなければなかなか分からない部分もあるからでしょう。
しかしきちんと知っておかなければトラブルに発展することもありますし、特に注意しておきたいのが相続税がかかる場合です。

相続税ってたくさんの財産を相続した人しかかからないんでしょ?くらいの知識しかないかもしれませんが、実はこれが大きな間違いです。
相続税には基礎控除がありますがこれは平成27年1月1日以降変更されており、それによってこれまで相続税の対象にならなかった人も対象になる可能性が増えたのです。

まず平成26年12月31日までの基礎控除は5,000万円+1,000万円×相続人の数の計算式でしたので、相続人が3人いる場合は5,000万円+1,000万円×3で8,000万円になります。
そして平成27年1月1日以降は3,000万円+600万円×相続人の数に変更になったので、相続人が3人いるとすると3,000万円+600万円×3で4,800万円が基礎控除額になります。
つまりおよそ40パーセントも引き下げられてしまったことになりますので、これまで相続税の対象にならなかった人も含まれるようになったのです。

相続税の基礎控除の変更による影響は思いの外大きく、今度遺産相続した10人の1人の割合で相続税がかかると予想されており、もはや富裕層だけの税金ではなくなってきているのです。
したがってこれから遺産相続をする可能性がある人は相続税の仕組みについてよく理解しておかなければなりませんし、申告期限は被相続人が亡くなってから10カ月以内と決められているので覚えておいてください。