控除の計算

家族が亡くなって財産が残されている場合、残された人達は遺産相続する権利が与えられますから、通夜や葬儀を済ませたら速やかに遺産相続の手続きをしていかなければなりません。
遺産相続と聞くとどうしても相続人同士のトラブルが頭に浮かびますが、考えなければいけないのはそれだけではありません。

特に注意しておきたいのは相続税に関することで、これは知らないままだと自分が対象になっていることすら気付かず、あとで相続税がかかることが分かってしまいペナルティの対象になっていたというケースもあるのです。
相続税はたくさんの財産を相続した人が対象になる税金というイメージがどうしてもありますが、現在税制が改正されており、私たちの生活にも身近なものになりつつあります。

まず知っておいて欲しいのが相続税の控除についてで、これには基礎控除と配偶者控除の2種類があります。
特に基礎控除は平成27年を境に計算式が大幅に変わりましたので、これが影響して相続税の対象になる人が増えたのです。
基礎控除の計算は平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数で出していましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+600万円×相続人の数に変更されており、およそ40パーセントも引き下げられた形になります。

たとえば相続人が3人いる場合、以前の基礎控除の計算だと5,000万円+1,000万円×3なので8,000万円が基礎控除額になりますが、現在の計算だと3,000万円+600万円×3なので4,800万円まで下がってしまいます。
相続財産の合計が6,000万円だとすると、以前の基礎控除の計算であれば対象にならなかったものの、現在の計算だと6,000万円-4,800万円ですから1,200万円が相続税の対象になります。
配偶者控除は改正されておりませんので以前と変わらない条件ですが、基礎控除についてはすべての相続人が対象になるので必ず確認しておきましょう。