不動産と相続税

遺産相続は被相続人が亡くなったその日からスタートしますので、通夜や葬儀を済ませたら速やかに手続きをしていかなければなりません。
まだまだ気持ちの整理もつかない時期にやるとあって、どうしてもトラブルになってしまうことも多く、実際に遺産相続を経験した人のおよそ70パーセントが大小関わらず何らかのトラブルを経験していると答えています。

そこでまず知識として持っておきたいのがどんな財産が相続の対象になるのか、そして相続税の発生する可能性についてで、この2点は遺産相続をするうえで大きなポイントになります。
はじめに相続の対象となる財産ですが、これには非常にたくさんの種類がありますのでプラスの財産とマイナスの財産に分けて考える必要があります。

現金のように分割が簡単なものばかりであればそれほど苦労することもありませんが、相続の対象となる財産には同じジャンルのものでも評価方法が異なるものがあります。
その代表的な財産が不動産で、不動産には建物や土地、権利関係などいろいろなものがありますから、ひとつひとつどのような評価方法が当てはまるのかチェックしておかなければなりません。
たとえば土地が絡む場合、貸家建付地なのか一般的な宅地なのかによって評価方法は違いますし、建物も土地の権利を持っているかどうかで変わります。
さらに農地のように同じ土地でも少し特殊なものもあるので、ここもチェックしておきたいポイントでしょう。

そして相続税についてですが、相続税はすべての相続人に発生する可能性があるものの、プラスの財産からマイナスの財産を引き、基礎控除額を引いた金額が対象になります。
また配偶者に限り、配偶者控除と基礎控除のどちらかを適用させることができますので、控除についても覚えておいてください。
このように遺産相続をスムーズに進めるためには相続の財産について、そして相続税について正しく理解しておくことが重要になるのです。